不妊治療は早めに受けた方が全般的に妊娠確率が高めな傾向がある

サイトマップ

妊活生活始めませんか?

ピックアップ

ママと赤ちゃん

サプリを用いて不妊の問題を解決

不妊では、栄養状況に関する問題点が生じているケースがしばしばあります。そもそも健やかな…

笑顔の赤ちゃん

不妊について夫婦で理解して乗り越えるため

健全な20代の夫婦が、1年間避妊なしに夫婦生活をしても子供を授からない場合に不妊といえるそうで…

赤ちゃんの足

不妊の問題は夫婦の問題

不妊というのは、場合によってはどちらか片方が原因であることがあります。要するにどちらかの体質の…

妊娠している女性

自治体が支払ってくれる不妊の助成金制度

不妊治療を受けるとなると、費用に関する悩みが浮上する事があります。その治療では、状況によってま…

不妊治療はどれ位の日数を要するのか

妊婦のシルエット

不妊治療を行うとなると、少なくとも一定程度の日数が必要になるのは間違いありません。即日で成果が出る治療ではないのは、明らかでしょう。
例えば妊活の為には、タイミングなどは重要です。いわゆる排卵日などを見計らうことも必要ですが、そのために病院からアドバイスを受ける治療内容もあります。ただアドバイスを受けたからと言って、もちろん即日で成果が出る訳ではありません。やはり数週間から数ヶ月前は必要と言えるでしょう。そうかと思えば、体外受精の手術などを行う事もあります。ただそれも上記のアドバイスを受けた後で行われる方法で、やはり一定程度の日数が必要なのは、間違いないです。
では具体的に不妊治療にはどれ位必要かというと、それこそケースバイケースですね。数ヶ月前後で妊娠になるケースもありますが、中には数年前かかる事例もあるのです。人それぞれ体質や年齢などに関する違いがあるので、どれ位の期間になるかは、断言が難しい状況です。
ただ全体的な傾向を見ますと、できるだけ早めに不妊治療を行う方が良いです。早めに治療を受けた方々などは、全般的に妊娠確率が高めな傾向があるからです。また所要期間も短くなるケースが多いので、早めに始めるのが良いでしょう。

不妊で病院に行くタイミング

なかなか妊娠しない、と思っていてもなかなか病院に行きづらいものです。どれくらい妊娠しなかったら不妊なのでしょうか。
一般的に、妊娠したいと思っていて、避妊せずに一年間普通に夫婦生活を送っていても妊娠しない場合、不妊症とみなされます。妊娠したいと思って一回目の夫婦生活で妊娠する可能性は38%、三回目では68%、一年後では92%という調査結果もあります。
この調査結果からもわかるように、一年以内に妊娠できる可能性が高いので、一年間妊娠できなければ不妊だと疑い、病院へ相談に行くことをおすすめします。
また、妊娠には女性の年齢が大きく関係しています。男性は毎日新しい精子を作り出していますが、女性は生まれた時すでに卵巣内にすべての卵子の素があり、増えることがないために30代半ばを過ぎると卵子が少なくなり、また体が年をとっただけ同じように卵子も年をとり、質の悪い卵子も増えるために明らかな原因がなくても、年々妊娠がしづらくなってしまいます。
30代半ばを過ぎて妊娠したいと思っている人や、妊娠したいけれど月経の周期や量に不安を持っている人、子宮に持病のある人は一年間待たずに、一度検査を受けに病院へ行って妊娠に向けて動き出しましょう。

不妊治療でかかった費用

私と夫が結婚して2年が経ちます。自分たちの子供が欲しいと思い子作りをしていましたが、なかなか子供ができず不安に思った私たちは、産婦人科のほうに行きなかなか妊娠しないことを医師に伝えました。医師からは不妊治療を受けないと子供を授かれないと言われてしまいました。正直その診断を聞いたときにはかなりショックでした。私の夫には問題はありませんでした。
ですが、私の方に不妊の原因があるようで、治療して子供を授かるかどうかの保証はできませんと医師からも言われていました。
ですが子供が欲しかった私たちはその少しの思いに希望を待ち、不妊治療を行うことを決意しました。正直不妊治療を始めて数ヶ月間かかった治療費で、かなりの金額になってしまっています。保険が適用されず高額な医療費を払わなくてはいけませんですが、治療費がかかったとしても、自分たちの子供を授かれるその喜びだけはお金では買えないと思い、何とか家計をやりくりし不妊治療を受けました。
不妊治療の期間は、大体5カ月間でした。短いようで長くその間もなかなか改善されている様子もありませんでしたが、徐々に妊娠できる状態になりやっと子供を授かれると思うと不妊治療を頑張ったかいがあったなと思います。

新着情報